生活区域

害虫にとって、人の生活空間は餌などが豊富に存在する上に長生きすることのできる環境を有している理想の場所と言えます。
特にゴキブリにとっては、人の生活環境は非常に魅力的なものであり、夜行性である事も幸いし、人が気づかない内に多くの群れが住み着いてしまうこともあるのです。
しかし、人にとってそのような害虫は非常に嫌悪すべき対象だと言えるでしょう。
ゴキブリなどが普段潜んでいるのは下水道やゴミ置き場などのゴキブリにとっての餌が多く、湿気が豊富であまり明るくない場所に集中しています。
そのため、衛生的に悪いといえるのです。
また、噛んだり毒を履いたりする害虫も存在することから、常に駆除の対象となっているのです。

害虫の代表格として挙げられるのがゴキブリですが、このゴキブリは北海道などの寒冷な地域意外には多くの場所に生息しています。
ゴキブリにとって対的なのは温度です。
温度がマイナス5度を下回った時、ゴキブリは生命を維持しておくことができません。
また、気温が10度を下回った場合には、十分な成長を送ることはできなくなります。
こういった点が、寒冷地や冬の時期にゴキブリが発生しにくいという条件になるのです。
また、乾燥にも非常に弱いため、乾いた場所では十分な活動が行えないという特徴も有しています。
人の生活区域に入り込む事が多い所以は、こういった環境を避けているという事も大きく関係していると言えるのです。
ゴキブリは雑食なため、何でも捕食して自分の栄養にすることが出来ます。
人の食べるものであれば食することが可能であるため、成長する環境としては人の生活区域がベストといえるのです。
ゴキブリの対策を図るのであれば、こういった特徴を踏まえて対策を練ることが最も効果的だと言えるでしょう。